弊社の株主提案が可決し、特別配当を受け取る場合の株主が得る想定リターン
5,900円以上(※)
※計算の詳細は“今年の株主提案について”をご参照下さい。
   

淺沼組への株主提案(2021年)に関する特集サイト

 弊社及び弊社の運営するファンドは株式会社淺沼組(以下「淺沼組」又は「当社」といいます。)の株主です。弊社は淺沼組に対し、株主価値向上のため、株主提案権を行使して次の議案を提出いたしました。

  1. 資本効率性を高めるための政策保有株式売却

  2. 配当性向100%となる配当の実施

詳細はこちらをご参照ください。


淺沼組の課題と解決案は以下の2つです。

過大な現金及び政策保有株式の保有

 淺沼組のバリュエーションが割安に放置されている理由の1つは、過大な現金と政策保有株式を保有していることです。資本効率性を高め、上場株式の時価変動による決算への影響を排除するため、2022年3月期中に政策保有株式を全て売却することを提案します。そして、売却代金を株主価値向上のために活用していただくことに期待いたします。

積み上がる自己資本と時価総額の20%を占めるネットキャッシュ

 過去、低水準の株主還元が続いて自己資本が積み上がった結果として、前記の通り、淺沼組のネットキャッシュは積み上がり、ネットキャッシュは時価総額の20%を占める状況です(2021年4月19日現在)。さらなる自己資本とネットキャッシュの積み上がりを防ぐため、配当性向100%となる配当の実施を提案します。

 なお、1.及び2.の提案については、一昨年、昨年も同内容の株主提案を行いましたが、21-28%の賛成票をいただきました。

  • 0
  • 株式会社ストラテジックキャピタル
 
PAGE TOP